魅力的な女性になるための情報満載キュレーションサイト

「行儀が悪い」は自力でなおす!まずは最低でもやるべき2つのこと!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
恋愛コラムライターのyukiです。 普段は会社員ですが、日常のちょっとしたことや女性ならではの視点を大切に、 自分の経験や女子会で得た恋バナの情報をまとめています。

 

【1】食べ方をみなおす!

口に食べ物がある状態で話す、しかも手を添えない

口の中に食べ物が入っている状態で、手を添えることもなく話すというのは食事のマナーとしてNG。口の中のものが見えてしまうので、一緒に食べている側としては、不快感しかありません。

食べ終わってから話せないということは、そもそも一口に物を詰め込みすぎているということも。どうしても食べながら話したいときは最低限、口元に手を添えましょう。

 

【2】くちゃくちゃと音を立てて食べる

食べるときに、くちゃくちゃと音を立てるのもマナー違反です。大きな咀嚼音は、相手に嫌な印象を与えます。

くちゃくちゃと音をさせないためには、まず、口を閉じて噛むことを意識してみましょう。できるだけ音を立てずに食べることを心がけるだけでも、上品な印象を与えられますよ。

【3】正しく箸が使えなかったり、肘をついて食べる

箸を正しく使えなかったり、食事中に肘をついて食べるなどの所作は、その人の育ってきた環境がどんなものだったのかを相手に連想させます。

所作が美しければ、きちんとしつけられたんだろうなと好印象。逆に所作がよくないと品格がないと「下品な女」の烙印を押されるでしょう。

大人になっても間違った箸の使い方をしているのは、恥ずかしいこと。自分が正しい箸の使い方をしているか、今一度チェックしてみましょう。

【4】「いただきます」「ごちそうさま」が言えない

食事の前後で「いただきます」と「ごちそうさま」が言えない人は、そこまでのトークがどれだけ楽しくっても男性はがっかり。きちんと言えると男性からのイメージはアップ。「ちゃんとしているんだな」と思ってもらえます。

彼とのおしゃべりや、自分の身なりに気を使うだけでなく、ちゃんと感謝の言葉を言える女性が素敵だと思いませんか?

【5】箸でつまんでから口に運ぶまでのマナー違反

一つ目は「迎え舌」。

迎え舌ってご存知ですか?見ればわかるかと思いますが、箸で持ったものを食べる際に舌で受け取ってから食事方法です。

口をあけた際に舌を先に出すので、向かいに座ってる方は不快に感じます。

同じようなものに「犬食い」があり、こちらは箸を口に近づけるのではなく、口を箸(皿)に近づけて食べる食事方法。

名前の通り、犬が餌を食べるように食べることが由来です。

動物つながりでは他にも「頬が膨らむほど口に含む」「急いでかきこむ」など。

ハムスターやリスみたいな感じです。

彼らがやると可愛いですが、それを会食の席などで女性がやってしまうと「下品な人・・・」と思われてしまうので要注意。

落ち着いて少しずつ、ゆっくり噛んで、味わいを楽しみながら食事しましょう。

 

【6】言葉遣いを改める!

「言葉選びが悪い、汚い・雑な言葉を遣う」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「言葉遣いが汚い。テメェとかそういうことを使う女は育ちがうかがえる」(35歳/その他/事務系専門職)

社会人女性に求められる言葉をちゃんと使っているのなら、言葉が荒っぽいなどと思われることはないでしょう。男性のような粗野な言葉は、せめて10代で卒業すべきもの。

正しい敬語が使えない
ビジネスシーンだけでなく、彼氏の先輩や上司、ご両親に対してなど、敬語を話す場面は意外と多いもの。そこで正しい敬語が使えていないと「この子、人前でこんな話し方してるの?」と引かれることも。

話し方はその人の教養がそのまま表れるので、正しい敬語が使えないのは頭が悪いからと思われてしまいます。なかなか指摘される機会も少ないので、自分で意識して改善していきましょう。

「やばい」「めっちゃ」「お前」「はらへった」など若い言葉、男言葉を使う

大人の女性が、若者言葉を多用すると「いつまで若者気分なの?」と男性は引いてしまいます。また、「お前さ~」や、「腹減った」など、男っぽい言葉もイメージダウン。乱暴な言い方や喋り方は、男性にがっかりされてしまいます。

下品な言葉遣いをやめるには、上品な話し方をする人と接する機会を増やしましょう。友達の方言がうつるように、美しい言葉遣いも自然と身につくものですよ。

言葉を考えて話す

上品な女性というものは言葉を考えて話すことが出来ますね。
自分が思ったことをパッと口にするのではなく、一度考えてから、より丁寧な言葉にして話すのです。
例えば、「これ何?」という言葉を「これは何ですか?」と丁寧に言いますね。
これで人からの印象もガラリと変わります。
こういった人は言葉遣いもとても素敵。
「あたし」ではなく、「あたくしは」と言ったり「ねえねえ」「あのお、ちょっと宜しいでしょうか」と聞けるのです。
人も「なんて言葉の美しい人なんだ」と感動するほど。

また、下品な言葉を避けますし、人の悪口を言うこともありません。
「嫌な奴」と心の中で思ったとしても、それをグッと堪えては口に出さないんです。
とっても大人なんですね。
こういった上品な言葉遣いが出来る女性には、美人が多いもの
凄く美人でなくても、こういった言葉遣いが出来る女性は美しく見えてくるんです。
相手がいかに聞いて悪い気分にならないかを考えながら話すことも出来たりと、会話をしていて気持ち良くなりますね。
自分よりも年下の人にだって敬語を使えるところも素敵。
洗練された言葉は品性もあり、その女性をより上品にします。

まとめ

人から見られているなと思うことに意識するので、上品な女性は笑顔を絶やしません。
表情も明るく保ちますね。
いつもきれいにすることを考えますから、清潔感もあります。
髪の毛をきれいにしようとか、ファッションも人から見て素敵だなと思うようなデザインや色を選べちゃう。
こういったものを身に付けているから、より上品に見えるんです。
持つバッグからアクセサリー、ネイルの色や靴の色など、全身のイメージをエレガントにすることを考える。

外見を意識していると、自然と言葉遣いもそれ相当のものになります。
もっと素敵になろう、もっと綺麗になってみようと考えられる人は、ますます上品になるんですよ。
他人から自分はどう見られているのか、どうしたらもっと周囲の目を引き付けてはエレガントな女性になれるかと、鏡に全身を映しては自分のあらゆる部分をチェックする。
歩き方の練習から笑い方の練習なども取り入れて。
だから、外に出ても上品な女性でいられるんですよ。

この記事を書いている人 - WRITER -
恋愛コラムライターのyukiです。 普段は会社員ですが、日常のちょっとしたことや女性ならではの視点を大切に、 自分の経験や女子会で得た恋バナの情報をまとめています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© COSMOS ーコスモスー , 2020 All Rights Reserved.